iPhoneのこれまでの進化の歴史
最も人気があった機種

これまでのiPhoneは、新機種が登場するたびに革新的なアイディアが搭載されており、過去のiPhoneでは満足できないという方が大半を占めていました。その為、新機種が登場したら買い替えるということが当然の流れだったのですが、スティーブ・ジョブズが死去されてからは、そういった流れに歯止めがかかった形になっています。特にiPhone 8が発売されて以降はそういった流れが強くなり、わざわざ高いお金をかけて新機種を購入するというモチベーションが持てない方が増えているのです。

と言いますのも、iPhoneのスタイルは、ある程度成熟されたという認識が強く、バッテリーの持ちであったり、ワイヤレス充電機能、ステレオスピーカー機能、Touch ID、Face IDの搭載、画面サイズは4.7型で、男女共に大きすぎず小さすぎないという絶妙なサイズ感であること、防水機能、お財布ケータイ機能など、iPhone 8であれば全て搭載しているのです。また、プロセッサーは、iPhone Xにも搭載されているA11 Bionicと不自由なく使用することができるスペックを満たしているのです。

その為、iPhone 8は日本で最も売れたiPhoneになっており、現在でもバッテリーを交換しながら愛用している方が多くなっているのです。