iPhoneのこれまでの進化の歴史
初代iPhone

初代iPhoneは、2007年から2008年にアメリカを皮切りに順次発売されていきました。残念ながら日本では発売されませんでしたが、これまでのスマートフォンと全く違った新しいスマートフォンは、多くの方に受け入れられることになりました。

当時のスマートフォンといえば、電話にメール機能やインターネット機能、そして物理タイプのキーボードが付いているという物が定番でした。当時のスマートフォンのメインキャリアとしては、ノキア、ブラックベリー、モトローラー、そしてPal,Incなどがメジャーな存在でした。どのキャリアもPDAなどをメインにしながら新機種を開発していたため、どうしてもビジネスマン向けの端末から抜け出せずにいました。

しかし、スティーブ・ジョブズ氏が発表した初代iPhoneは、既存のスマートフォンとは全く異なるものでした。初代のiPhoneは、これまでなかったマルチタッチパネルを採用し、指先を上下左右に動かせて、直感的にスマートフォンをコントロールすることができる画期的な仕様になっていました。また、現在のスマートフォンには当たり前となった加速度センサー、近接センサー、照度センサーなどのセンサーが搭載されていました。この画期的な革命に、多くの方がApple Storeに並ぶことになりました。


《管理人参考サイト》
その後もiPhoneはどんどん進化を遂げ、最新モデルでは画面サイズもかなり大きくなっています。見やすくなった反面、画面割れのリスクが高くなっているので、もし割れてしまった場合はこちらを参考に対処してください ⇒ iPhone 画面割れ